キャッシング

「どこで借りたらいいの?」こんな悩みをキャッシングを比較で解決!!

「急な飲み会の約束が入ったけど財布の中身が心細い」
「今月は冠婚葬祭が重なって生活費にも不足しそう」

 

誰でもこのようなお金に関する悩みを抱えるものです。
普段から節約に励んでおり問題ない、という方もそれほど多くはないでしょう。

 

手元のお金が足りない場合には、なんとかしてお金を借りる方法を考えなくてはいけません。
急な出費などに利用したいのが「キャッシング」です。

 

現在日本でキャッシングを利用されている方は、1,300万人以上いるとされています。
実に国民の10人に1人以上の方が利用されていることになります。

 

キャッシングの特徴

「キャッシング」とは金融機関が提供する小口の個人向け融資のことをいいます。
小口とはいっても、借りることのできる金額は数十万円単位から数百万円単位、多い先で一千万円を越える借入も可能になっています。

 

個人向けですので、個人事業主や法人経営の運転資金としては利用できません。
また競馬やパチンコなどのギャンブルや株式投資などの投機性資金としての利用も禁止されています。

 

キャッシングには利用可能な借入限度額が設定されます。
借入限度額に空き枠があれば、基本的にいつでも自由にお金を借りることができます。

 

一度借入を行っても返済により借入限度額に空き枠が生じれば、その空き枠をいつでも利用することができます。

 

借入時には借入専用のカードを使用します。
審査に合格すれば借入専用カードが発行されます。

 

そのカードをATMやCDに投入して現金を引き出すことで借入が成立します。

 

最近のキャッシングでは、融資金を指定した金融機関の口座に振り込むことのできる商品も多くなっています
インターネットや電話などから申込みを行うと、時間帯にもよりますが瞬時に振込が完了します。

 

通常振込手数料は無料ですので、費用負担を心配する必要はありません。
自宅や外出中にも利用できますので、多忙な方でも安心です。

 

キャッシングと同様の個人ローンとして「カードローン」があります。
「キャッシング」と「カードローン」は厳密に異なる性質のローンです。

 

「キャッシング」は一括返済を行います。
借りたお金は翌月の返済日にそれまでの利息と合わせて一括で返済します。

 

一方「カードローン」は分割返済を行います。
借りたお金は毎月の返済日(約定日)にその時点で計算された利息とともに分割で返済します。

 

返済方法が両者の違いですが、最近ではこの違いが非常にあいまいになっています。
「キャッシング」と名のつく商品でも分割返済が可能になっています。

 

「カードローン」でも当然のように一括返済が可能です。
利用する側としては名称の違いにとらわれることなく、商品自体の中身に注意して利用するようにしましょう。
1/3以上の借入を希望する場合は総量規制対象外カードローンを利用しましょう。

 

数ある個人ローンの中で、キャッシングはもっとも素早い借入が可能なローンといえます。
準備する書類も少なく、審査も短時間で完了します。

 

早ければ申込みを行って契約、借入まで1時間程度で完了するでしょう。
申込みを行ったその日に融資を受ける「即日融資」を各社売りとしています。

 

キャッシング会社の特徴

しかし実際にキャッシングを利用したいと考えても「どこで申込んだらいいのか分からない」という方も多いのではないでしょうか。
キャッシングを取り扱っている金融機関は、非常に数多くあります。

 

星の数ほどあるキャッシングからどの先を選ぶのかは、大変大きな問題です。
今後の人生にも大きな影響を与えますので、慎重に選んでいきたいものです。

 

まずはキャッシング会社の特徴をよく理解して比較するようにしましょう。
キャッシングを提供する金融機関は、主に次の3種類に分けることができます。

 

銀行系

メガバンクや地方銀行、信用金庫などが提供するキャッシングです。
最大のメリットは金利の低さで、他の種類のキャッシングと比較して低金利の商品が多くなっています。

 

また借入限度額自体も大きい商品が多く、条件次第では高額融資も可能です。
ただしその分審査基準が厳しい傾向にあります。

 

消費者金融系

街中でよく見かける消費者金融が提供するキャッシングです。
ほとんどが「即日融資」に対応しており、素早い借入が可能です。

 

審査基準も比較的緩やかで、銀行で不合格となった方でも合格できる可能性があります。
その分金利は若干高めに設定されていますが、会社によっては「無利息サービス」が付与されている先もあります。

 

「総量規制」の対象ですので、年収の3分の1を越える借入は利用できません

 

信販系

クレジットカードローン会社などが提供するキャッシングです。
クレジットカードの「ショッピング枠」とは別に「キャッシング枠」を付与することで借入可能としています。

 

またキャッシング専用の商品を提供している先もあります。
ちょうど前者2つの中間的な特徴を持ちます。

 

金利は銀行系よりも高いが、消費者金融系よりも低くなっています。
審査基準は銀行系よりも緩やかだが、消費者金融系よりも厳しくなっています。

 

「ポイントサービス」などの独自のサービスが充実している点は見逃せません。

 

最近ではIT企業などもキャッシング業界に参入しています。
非常に競争が激しくなっている分、利用者にとって魅力あるサービスも増えてきています。

 

キャッシングの利用には、まずキャッシングを提供する会社の特徴を知るようにしましょう。

 

キャッシング条件の比較

次にキャッシング商品自体の中身を比較するようにしましょう。
商品ごとに定められている各条件を比較して、自分の状況に合ったものかどうか判断します。

 

借入金利

金利が低いほど、返済負担が少なくなります。
キャッシングの金利には最上限金利と最下限金利があります。

 

利用者により適用される金利は異なりますが、初回の利用者の場合ほとんどで最上限金利に近い金利設定となります

 

借入可能金額

自分が必要としている金額を借りることができるかどうか判断します。
ただし審査結果では希望する金額よりも少なく減額で結果回答されることもあります。

 

借入可能時間

お金が必要な時間までに借入可能か判断します。
一般的に銀行系は時間がかかり、消費者金融系は短時間での借入が可能な傾向にあります。

 

借入返済方法

同じ借入金額、借入金利であっても返済方法の違いで毎月の返済金額が異なります。

 

借入返済期間

いつまでに返済しなければいいのか確認します。
同じ借入金額であれば返済期間が長期になるほど毎月の返済金額自体は少なくなります。

 

ただし最終的な利息負担は増えることになりますので注意しましょう。

 

他にも様々な商品内容をよく比較して、現在の自分の状況と照らし合わせるとともに、きちんとした返済計画を立てることも大切です。
キャッシングでお金を借りる場合には、借入ばかりに頭が働き、返済についてどうしても後回しになることもあります。

 

しかし万が一返済できなくなると、今後の人生にもたいへんな悪影響を与えることになります。
「どうしても早急に借りたい」という気持ちは分かりますが、収入と支出を比較してきちんと返済計画を立てるとともに、必要以上の借入を避けることが重要です。

 

キャッシングの利用を検討するのであれば、様々な情報を比較することが大切です。
会社の違い、商品の違いをよく理解するとともに、多くの情報を入手して比較・検討してみましょう。

 

最近ではインターネットなどの普及により様々な情報があふれています。
検索サイトなどを活用して、自分に合った借り方ができるように慎重に選択するようにしましょう。